教学舎は「分かりたいという気持ち」を大切にしてきます。

 

「分かりません。」は分かるための第一歩として捉えています。

なんとなく分かっただけでも大丈夫は言えてしまいます。

分かったつもりで終わらさず、本当の「分かった」を追求します。